うつ病 症状 胸が苦しい原因

うつ病の症状で胸が苦しい原因とは何か?

スポンサーリンク

様々な症状が襲ううつ病はこの病気にならないとわからない症状等もあり、つらさを何とかしてあげたいと家族はいつも考えていると思いますが、胸が苦しいと訴えることもあります。胸が苦しい原因とはどのような事なのでしょうか。

 

【うつ病の症状は様々・・・胸が苦しくなることもある】
自律神経失調症やうつ病などを患っている方は、本当に息が出来ないと思うくらいに胸が苦しくなる経験をお持ちだと思います。この胸が苦しい原因は呼吸にあります。

 

人は不安な事や緊張することなどがあると胸がドキドキして呼吸が荒くなります。呼吸は運動をしたとき以外でも、こうして精神的な作用が働き苦しくなるということもあるのです。

 

【呼吸には2つ種類がある】
呼吸は肺呼吸と、細胞レベルで行っている呼吸があり、うつ病の方の多くは、このいずれか一方、若しくは両方の呼吸が出来なくなることがあります。

 

呼吸は肺で行いますが、肺を膨らませる働きを持っている横隔膜が、うつの方は固くなっているといわれています。なぜ横隔膜が硬くなってしまうのかというと、筋肉の緊張、胃と肝臓の状態が関わります。

 

ストレスを受けると筋肉が緊張し固まりますが、横隔膜は息を吸う時に動く筋肉なので、緊張が伝わると吸った時のままかたまってしまうため息が苦しくなるといわれています。

 

スポンサーリンク

 

【ストレスに弱い胃、肝臓などの臓器が硬くなると胸が苦しい原因となる】
ストレスに弱い胃、肝臓などの臓器が硬くなることでも胸が苦しい原因となります。胃や肝臓が硬くなると横隔膜が下がりにくくなり、息が苦しいと感じるのです。

 

しっかり呼吸できない状態が継続すると細胞に酸素が行き届かなくなります。胸が苦しい原因はこうした様々な要因から起ります。

 

【ゆっくり呼吸することを覚える】
胸が苦しい原因は様々ですが、うつ病の症状として起こりやすいことなので、呼吸をしっかりうまく行う方法を覚えることも重要です。

 

緊張すると息を吸うばかりになって、過呼吸になってしまう方もいますが、逆に息をしっかり吐くことに集中すると、その後、酸素を取り込もうとして肺が自然と膨らみます。吐くことを意識する呼吸を行うことが、この症状を改善してくれると思います。

 

うつ病の症状は様々ですが、胸が苦しい原因を理解することで対応できるようになります。うつ病はその他にも症状がありますが、呼吸をしっかり行う事が出来れば、緊張をほぐすこともうまくなるので、ストレスの逃がし方としても利用できるようになります。

スポンサーリンク