うつ病 お酒が飲みたい時どうするか

うつ病だけどお酒が飲みたい時どうするか?

スポンサーリンク

うつ病になるとメンタルクリニックなどに通い時間をかけてゆっくり治していくことが必要となります。お薬なども利用しながら治療しますが、お酒が飲みたい時どうするか?ということも考えておかなければなりません。

 

【うつ病でお酒が飲みたい時どうするか?】
うつ病、また自律神経失調症などを患っている方は、医師から砂糖、カフェインなどをなるべく摂取しないようにと指導されていると思います。しかしうつ病でお酒が飲みたい時どうするか?これも、理解しておきたいことです。

 

お酒を飲むことで得られる効果としては適量なら心身ともにリラックスした状態になれます。しかし度を越せば身体に悪い飲み物となります。うつ病でお酒を飲みたい時どうするか、まず考えなくてはならないことがお薬の事です。

 

【うつを患っている方はお薬を飲んでいることを忘れてはならない】
うつの方は治療のためにお薬を飲んでいます。このお薬の中にはお酒が影響してしまうものもあるので、そこが要注意なのです。

 

うつの方は夜よく眠れないといった睡眠障害をお持ちの方が多いので、睡眠薬を利用されていることも珍しくありません。睡眠薬はもちろん、健康な方でもお酒が強く影響するので一緒に飲むということはできません。

 

スポンサーリンク

 

【お酒が飲みたい時どうするか・・・お酒の作用をよく理解することも大事】
お酒が飲みたい時どうするか、うつ病の方もそうですが、睡眠薬を利用されている方はみなさんお酒についても理解しなければなりません。

 

睡眠薬は脳の大脳新皮質を麻痺させ、眠る事が出来るように導きます。実はお酒も、大脳新皮質を麻痺させる飲み物です。今しなければならないこと、やらなければならないことを感じにくくさせることでリラックスできますが、逆に言えばしなければいけないことが出来ない状態にしてしまうということになります。

 

【睡眠薬とお酒を同時に飲むことは非常に危険なこと】
お酒と睡眠薬を同時に摂取すると、ただ大脳新皮質に作用するだけではなく、辺縁系、脳幹も麻痺させることがあります。脳幹は心臓、呼吸などをつかさどっている部分なので、ここが大きく麻痺すれば、心臓停止、呼吸停止ということもあるのです。

 

うつ病でお酒が飲みたい時どうするか、これはまず医師にしっかりと相談すること、相談なしにお薬を飲みながらお酒を摂取することは非常に危険でリスクの高い行為だと理解してお金ければならないのです。

 

お酒が飲みたい時どうするか、うつ病以外でも、何かの病気でお薬を飲んでいる方は医師にしっかりと相談し、体にリスクがないかどうかを確認する必要があります。お酒だけ飲むということではうつの症状を悪化させることも考えられるので医師にしっかり相談してください。

スポンサーリンク