不安神経症 うつ病 併発する原因

うつ病と不安神経症が併発する原因とは何か

スポンサーリンク

うつ病と不安神経症が併発する原因、そこには強いストレスやショックな出来事という心理的な要因が重なっていることが多いです。また過労や睡眠不足、風邪等一般的不調も要因となる事があります。

 

【不安神経症とはどういう症状なのか】
精神的な疾患の中に不安神経症という疾患があります。不安が元になって様々な症状が出てくる病気です。不安は誰しもあるもので、特別な人にしかないということはありませんが、明確な不安になる理由もないのに、また不安になるようなことではないのに、常に不安感があるという場合、不安神経症かもしれません。

 

精神的なショック、心配事の継続、ストレスなどから心理的に出てくる症状といわれていますが、イライラ、落ち着きがなくなる、集中できない、筋肉がこり疲労してしまう、頭痛、めまいなどの症状もあります。

 

【病院に行っても身体的な不調の原因がわからない】
病院に行っても、こうした身体的な不調の原因が全く分からないという時には、不安神経症であることが多いです。

 

不安な出来事がないのに不安・・・常に怖いなどの恐怖感があり、身体にも頭痛や下痢、頻尿などの症状が起る事もあります。

 

スポンサーリンク

 

【うつ病と併発することもある不安神経病】
不安が強く頭痛などの身体的な症状もあり、病院に通っているけれどよくならないということから、不安神経症とうつ病を併発する原因ともなります。過剰に不安な状態が継続することによって抑うつ状態が強まるとうつ病を併発する原因となり、そのまま移行するということも少なくないようです。

 

また不安を紛らわすためにアルコールに依存し、気分の浮き沈みが激しくなりよりうつ病を併発する原因となる事もあるので、アルコールにも注意をしたいところです。

 

【イライラ、集中できない、不安感が強いという人は病院へいこう】
不安が強い、イライラする、集中できないという場合、それが不安神経症であれば放置するとうつ病を併発する原因ともなるので、あまりにも不安があるという人は病院へ行く方が安心ですし、治療できます。

 

身体的な疾患から不安神経症の症状となる頭痛や肩こり、動悸などが起る方もいますので、身体的な疾患という原因を除くためにも、通常の内科的検査を行い、その後、身体的な特徴を考えて治療を行うということが多いようです。

 

うつ病を併発する原因となる事も多い不安神経症を放置しておくことはその他に症状を増やすことにつながる可能性もあります。うつ病になるとさらに完治まで時間が長くかかる事もあるので、併発する原因となる症状があれば医療機関を受診するべきです。

スポンサーリンク