自律神経失調症 症状 高血圧 原因

高血圧症状の原因にあった自律神経失調症という病気

スポンサーリンク

自律神経失調症の症状には高血圧もあります。自律神経は血圧に深い関係を持っているため、血圧を上下させることもありますし、熱にも関与するため、熱が上下するということもあります。高血圧の原因が自律神経失調症にも関係するということを理解しておきましょう。

 

 

【自律神経失調症で高血圧になる原因とは】
自律神経失調症で高血圧や体温の上下があると聞くと、どうして?と思う方も少なくないのですが、自律神経は血圧、体温、また脈拍などにも関係している非常に重要な神経なので、乱れてしまうとどこにどのような症状が起きても不思議ではないのです。

 

自律神経失調症が原因となって高血圧となる事もありますので、その症状や原因などを理解しておくことが必要でしょう。

 

 

【高血圧は非常に怖い症状】
自律神経のバランスの乱れによるもの以外でも、血管や心臓が何らかの要因から血管内で圧力が上がってしまうという高血圧状態になる事は多いです。
この状態が継続すると血管が破裂ということも考えられ、時に重篤化する病になってしまうかの趨勢も高いのです。

 

スポンサーリンク

 

【血圧が高くなるとどういう症状になるのか】
自律神経失調症などが原因となって血圧が高い状態になると、頭痛、肩こり、めまい、またしびれや動悸、息切れ、胸痛等が出てくることもあります。しかしこうした症状は他の病気でも見られる事なので、こうした症状がある場合、まずは医療機関を受診し、自分の体の状態がどうなっているか把握してください。

 

血圧が高くなっても本当に高くなった場合や血圧が高い状態が長くキープされないと、異常のサインを出してくれないため、サイレントキラーとも呼ばれているのです。

 

 

【なぜ?自律神経失調症から血圧が高くなる?】
どうして自律神経失調症で、血圧が高くなってしまうのかというと、交感神経が高い状態にありストレスホルモンが分泌されるため、また緊張や興奮状態が継続し血管が圧迫されているため、またストレスによって食生活が乱れているという可能性もあります。

 

交感神経はストレスによって優位になったままになる事があり、この場合、コルチゾール、アドレナリンなどのストレスホルモンが分泌されます。こうしたストレスホルモンは血糖値の上昇にも働くため、あっという間に血圧が上昇するということもあります。

 

こうした血圧が高くなるという状態は、体のどこかに異変があるということも少なくないので、必ず原因と突き止める為に病院で検査を受けてみます。それによって高血圧の原因となっている何かが見つかるかもしれませんし、原因が分れば治療、対処の仕方もわかります。

スポンサーリンク