うつ病の人 家族と離れたい理由

うつ病の人が家族と離れたい理由は何?

スポンサーリンク

うつを患うご家族がいればその行動を逐一見ておかないと怖い・・と感じます。時に非常にマイナスな思考となり、自分を傷つけてしまうこともあるからです。しかしうつ病の人の中には家族と一緒にいたくないという方もいます。家族と離れたい理由はどのような事なのでしょうか。

 

【一緒にいるご家族がうつ病を理解していないことも多い】
最近はうつ病についての理解が広がり、学校でも会社でも、様々なところでクリニックや相談ができる施設を持つなど、うつなどの精神疾患に対応、若しくは予防するために積極的な取り組みが行われています。

 

メンタルクリニックなどに行くにしても、今はそれほど人のを気にせず通う事が出来ますし、うつ病に関して理解されている方も多くなってきたので、周囲の目を気にすることも少なくなっています。

 

しかしうつで働ける状態にない、外に行ける状態ではないということを理解せず、就職先を探せと毎日いわれたり、精神が弱いからそういうことになると暴言を吐かれるなど、家族が理解していないという場合もあるようです。

 

【うつ病の人の中で家族と離れたい理由とは何か】
親というのは子供の心配をするのが当然ですが、うつ病の方にとって、放っておいてほしい時にしつこく話かけられたり、あれをしろ、これをしろとうるさく言われるのは我慢できないことです。

 

こうした行動はうつ病をひどくすることにしかならない、うつの人は家族と離れたい理由として、沿ってしておいてほしいと考えていることもあります。

 

スポンサーリンク

 

【家族と離れたい理由はそれぞれ・・・心配な事もある】
うつ病の人の事をある程度理解されているご家族としては、うつで何か危険な事をしてしまったらどうしよう、また命を絶ってしまったらどうしようと、不安を持っていると思います。

 

しかしうつ病の人も、今の状況をなんとかしたいとあがいている時もあります。ご家族が理解があっても一緒にいる事で精神的につらさを感じ、家族と離れたい理由に「よくなりたい」という気持ちをもって実行される方もいます。

 

【家族に問題があることも家族と離れたい理由となる】
うつ病を患っている人がうつ病になった理由に、家族の問題は少なくありません。虐待、家族の中で一人無理をしている、言葉の暴力を受けているなど、こうした家族の中の問題がある場合、家族と離れたい理由として納得できることだと思います。

 

ご家族に問題がある場合、そこにいたらうつ病の人は病状もよくなりませんし悪化することも考えられます。自分を守るために家族と離れる決断をされる方もいるのです。

 

うつ病の人はただ落ち込んでいる、イライラしているということではなく、少しでも回復したいともがいています。うつ病の人がうつ状態から脱出するために、家族と離れるということが必要なら信頼できる人に相談してみましょう。

スポンサーリンク