自律神経失調症 疲れやすい原因

疲れやすい原因にあった自律神経失調症

スポンサーリンク

最近以前よりもずっと疲れやすくなっていると感じる時、その疲れやすい原因には自律神経失調症という病気が隠されている可能性もあります。精神疾患でも身体的に症状が出てくるのがこの病気です。

 

 

【疲れやすい原因には自律神経失調症も考えられる】
疲れやすい原因を考えてみて、運動しすぎたなどの具体的な原因が見当たらない場合、自律神経失調症の場合もあります。自律神経失調症は、精神的な症状もありますが、動悸、息切れ、微熱、頭痛、腰痛など、至るところに症状が出るという特徴があります。

 

足が重く感じる、だるい、疲れやすくなったという場合、自律神経のバランスがおかしくなっていることも考えられるのです。

 

 

【自律神経失調症で疲れやすい原因とは】
疲れやすい原因はなにか?と考えてみた時、その他にだるい、眠れない、気持ちが落ち込みがち、頭痛など身体的な症状があるという時には自律神経失調症かもしれません。

 

その他に神経症やうつ病等、精神疾患として悪化していることもありますので、疲労原因が見当たらない、ずっと疲れが取れない状態という場合、メンタルクリニックなどに相談してみるといいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【交感神経と副交感神経がうまくいっていないから疲労する】
自律神経は交感神経と副交感神経によって私たちの体をコントロールしています。しかしストレスを継続的に受けたり、ショックな出来事が多くなると交感神経と呼ばれる活動している時に活発になる神経がずっと優位に立つ状態になります。

 

リラックスできる副交感神経が優位に立てない状態なので、知らず知らずの間、勝手に交感神経が優位となっていて、活動しっぱなしという状態になるのです。これでは疲労するのも無理はありません。

 

 

【副交感神経を優位にさせる行動をとる事も重要】
ずっと副交感神経を優位にさせておくということもできませんが、例えば寝る前に、ストレッチ、マッサージなどを行ってリラックスすることで、副交感神経を優位に立たせることができるといわれています。

 

リラックスできない状況が疲れやすい原因となっているのが自律神経失調症の症状です。自分がほっとできる時間を作る事で、疲れやすい原因を除去することができるかもしれません。

 

ストレスが全くない世界はありません。みなさん何らかのストレスを抱えていますし、そのストレスが強い状態にあるという方もいるでしょう。もしも自律神経失調症かもしれないと思う時には、生活をどのように変えていけばいいか、専門医療機関で相談に乗ってくれますので、治療するという事をしっかり考えていきましょう。

スポンサーリンク