自律神経失調症 症状 悪寒 原因

悪寒の原因となる事もある自律神経失調症の症状

スポンサーリンク

悪寒があると風邪?インフルエンザ?何か病気になったのかと考えますが、自律神経失調症が原因となる悪寒という症状もあります。精神疾患で悪寒?とびっくりされる方もいますが、体温と関係の深い自律神経だからこそ、悪寒との関係が深いのです。

 

 

【悪寒も自律神経失調症の症状の一つです】
寒い時、また熱が上がってきている時などには悪寒があります。しかしこの寒気が自律神経失調症の症状の一つ、自律神経のバランスが乱れていることによって起こっているといわれるとびっくりされると思います。

 

手足の冷えは自律神経のバランスが乱れている証拠といわれます。自律神経は体の様々なコントロールを行う神経なので、体温に関しても調節を行っているので、手足が妙に冷えるということの原因に自律神経失調症があるということも少なくないのです。

 

 

【体全体が寒いと感じる寒気の症状はなぜ自律神経失調症によって起こるのか】
寒気が自律神経のバランスが崩れることで引き起こされるという場合、どういった理由なのかというと、ストレスから常に交感神経が働きすぎているということ、優位に立ちすぎているということが要因となります。

 

交感神経が働きすぎると大きな血管については血液の流れをよくしてくれますが、毛細血管などの場合、収縮するので体温が末端まで送られない状態になります。これによって体が温まらずぶるっと悪寒が走る原因となるのです。

 

スポンサーリンク

 

【自律神経失調症の症状にある寒気をなんとかしたい】
寒気、悪寒があると身体がいつも緊張しているような気がしますし、寒さを感じて作業もはかどりません。エアコンなどが聞いている夏のオフィスなどはひどくつらい状態で、自律神経失調症の方は体温調節に苦労されています。

 

部屋が暖かいのに自分だけ寒気がある、夏でみんなはエアコンが適温だというのに自分はとにかく寒い、風邪ということでもないのにぶるっと悪寒が走るという時には、自律神経失調症が疑われます。

 

【自律神経の交感神経を大人しくさせることが必要】
この症状を打開するためには、原因となっている交感神経を落ち着かせる、大人しくさせることが必要です。リラックスできる時間を作る、やさしい音楽を聴く、マッサージなどを行って副交感神経が優位に立つようにするということも対処法になります。

 

原因が自律神経失調症とわかっている場合は、医療機関での治療を継続しながら、運動療法を取り入れたり、お風呂にゆったり浸かる等、ストレス解消方法を治療の一環として行っていくと効果的です。

 

自律神経のバランスが崩れている時の症状は様々で、痛みの症状として出てくる人もいますが、寒気等をひどく感じるような原因も自律神経が関係していることが多いです。熱などの寒気の原因がないのに常に寒気があるという場合、自律神経の治療を行うと改善するかもしれません。

スポンサーリンク