自律神経失調症 音に敏感 原因

音に敏感になる原因は自律神経失調症かもしれない

スポンサーリンク

なんだか最近音に敏感になってしまい、今まで気になったことがない生活音まで気になるようになったという場合、自律神経失調症が原因となっていることも少なくありません。音に対して感度が変わったという方は一度専門医療機関で診てもらう方がいいでしょう。

 

 

【自律神経失調症になると起きる症状とは】
自律神経失調症というのは体を覚醒されるための交感神経とリラックスさせる副交感神経の自律神経がバランスを崩している状態です。この状態が継続すると自立神経によってコントロールされている様々な機能が乱れ、身体的な症状を引き起こすことがあるのです。

 

呼吸や血液、また消化、体温調節などにも影響があるので、息苦しく感じたり、血液の流れに支障をきたしたり、下痢、便秘を繰り返すということもあります。また熱が上下するという症状を訴える方もいますし、音に敏感になるという原因も自律神経失調症の場合があります。

 

 

【神経過敏になる事も自律神経失調症の大きな特徴】
音に敏感になる等、神経過敏になる事も自律神経失調症の大きな特徴です。音に敏感になる症状は聴覚過敏と呼ばれる症状です。今まで気にならなかった普通の生活音がやけに気になります。

 

時計の秒針の音などが耳について眠れなかったり、ちょっとした物音で目が覚めるなど、睡眠障害の元になる事もあります。

 

スポンサーリンク

 

【日常生活にも音に敏感ということが原因で支障をきたすようになる】
音に敏感という症状が進むと、日常生活に支障が出てくるくらいになってしまうこともあります。夜眠れない、ちょっとした音が気になっていつも周囲が気になる、こうした音に敏感になる事によって様々な事に支障が出てくるのです。

 

病院へ行っても聴覚事態に異常がないので悩む方も少なくありません。この場合、もしかしたら自律神経の乱れなのかも?と疑ってみることも必要です。

 

【自律神経失調症は決まった症状がないことが厄介】
人によって症状が様々で、頭痛が出る人もいますし、胃の痛みや下痢が継続するなどの症状が出てくることもあります。これもそのほかに原因がある場合もありますが、異常がないということになると自律神経が原因かもしれません。

 

音に敏感になってそれが気になって睡眠が妨げられている等感じたら、まず耳鼻科に行って問題がないということなら精神科系統で診てもらうと原因がわかるかもしれません。

 

音が気になるという生活は非常に疲れます。この場合、原因は耳にあると考えてしまう方が多いのでこの症状に悩むという人が多くなります。自律神経失調症でも音に対しての症状が出てくるという事を理解しておくことが必要でしょう。

スポンサーリンク