うつ病 笑える方法

つらいうつ病・・笑える方法はどんな方法?

スポンサーリンク

なりたくて病気になるのではない、もちろんうつも同じです。いつの間にかうつ状態になってしまったという人も多く、周囲が気を配り様子を見つめることも必要となります。うつ病には笑いがいい刺激になるといいますが、笑える方法をみつけておくことも重要です。

 

【うつ病を改善するために必要な笑い】
うつ病を患っている方が多くなっている現代、うつに関して知識を持つ人も多くなり、企業等でも精神的疾患に対応できる体制などを考える企業が多くなっています。

 

うつ病を患っている方、またうつにはなっていなくても精神的に不安定な状態だと感じる方にも、笑うということへの健康効果を理解してほしいと思います。

 

ストレス値を表す物質にコルチゾールがありますが、笑うことができるとこのコルチゾールの数値が低下するともいわれており、笑える方法を知っておくことはうつの予防にもつながる事なのです。

 

【笑える方法を理解することは重要な事】
うつ病になってしまう要因は少しずつ研究が進んでいますがいまだ解明に至っていません。しかしストレスなどにより神経伝達物質が不足することで自律神経が乱れうつになるのではないかともいわれています。

 

うつ病になるとイライラしたり不安定な要素が強くなりますが、これは交感神経が優位な状態が継続していると考えられ、副交感神経とのバランスをとる方法が、笑える方法なのです。

 

スポンサーリンク

 

【笑える方法でうつの予防、改善をしていこう】
日常的に笑える方法を持っておくこと、声を出して大声で笑う事が出来ると、セロトニンの分泌を促すといわれ知恵ます。セロトンはうつ病を患っている方の分泌が少ないといわれている物質です。

 

大声で笑うことで酸素をたくさん吸い込み血行が促進されると、血液に乗って栄養素や酸素などが脳にも体にもたくさん届きます。これによって神経伝達物質のセロトニンの分泌が促されるといわれています。

 

【作り笑いでも効果があるといわれている】
気分が落ち込んでいる時に笑うなんてできないという方もいますが、例えば落語を聞くとかお笑い番組を見るとか、笑える方法を何か一つでも見つけておくべきです。

 

また笑うということについては、作り笑いでも効果があるといわれているので、鏡に向かってとにかく笑顔を作ってみます。少しずつ笑えるようになれば、うつも改善していくでしょうし、予防にもつながります。

 

うつ病は実際にこの病気になった人以外、その本当の辛さはわからないといいます。あまりしつこく笑え!と迫るのは逆効果になると思いますが、何気なくお笑いのDVDを流しておくなど、笑える方法をご家族で実行してみると笑顔になれる日があるかもしれません。

スポンサーリンク