自律神経失調症が 原因 膀胱炎になる

自律神経失調症が原因で膀胱炎になる事ってある?

スポンサーリンク

膀胱炎になると何度もトイレに行って、でもでなくて・・・と痛みもありますしイライラしますし、本当に嫌な思いをします。しかしこの病気について自律神経失調症が原因となる場合もあるようです。

 

 

【自律神経失調症が原因と思わない症状もある】
自律神経失調症では精神的な症状ばかりではなく身体的な症状も出てきます。頭痛や肩こり、吐き気やめまい、耳鳴りや時に膀胱炎なども出てくることがあります。

 

膀胱炎は膀胱が正常に機能せず、尿が出にくい、また尿漏れ、失禁などを伴うこともあります。過活動の場合、脳卒中などの神経系の異常が原因となったものと、加齢、骨盤底筋の筋力が衰えたことによって起こる皮神経因性のものもあります。

 

 

【自律神経失調症が原因となるものに間接性がある】
自律神経のバランスが乱れたことによって起こる膀胱炎が間接性といわれています。膀胱炎になる原因が不明な場合を間接性というのですが、この場合、自律神経のバランスの乱れによって起こるのではないかとしているのです。
泌尿器科では膀胱の症状を緩和する治療を行いますが、原因に自律神経失調症があるという場合には、原因の改善が必要となります。

 

スポンサーリンク

 

【自律神経失調症が郷公園になる原因の場合はお薬が効かないこともある】
膀胱に異常があり泌尿器の病院でお薬を貰ったけれど利用しても全く症状がよくならないということもあります。この場合、刺激のある食べ物を避ける、ストレッチなどを行って血液の流れをよくするなどの対処法を考えます。

 

膀胱炎になる事が多いけれど理由がわからないという場合、もしかしたら自律神経失調症が元となって膀胱炎になることもあるので、医療機関を受診し、お薬が効かないようならメンタルクリニックなどに行ってみることも必要でしょう。

 

【頻尿や下腹部の不快感等も自律神経失調症が原因といわれている】
膀胱炎になるとまではいかなくても、頻尿、残尿感、不快感等がある場合、自律神経が関係していることもあります。ストレスによって交感神経が刺激され、膀胱が小さくなる、また尿をためる事が出来なくなるということもあるのです。

 

つらい症状なので多くの方が泌尿器科を訪れると思いますが、お薬で症状がよくならないなら自律神経失調症を疑うことも必要です。

 

膀胱炎になることがまさか自律神経失調症のせいとは思わなかったという人が多いです。膀胱炎になると非常につらい症状があるので泌尿器科を受診されると思いますが、食生活を変える、また運動などを取り入れて血液の流れをよくするということも考えてみましょう。

スポンサーリンク