自律神経失調症 症状 休職 甘えなのか

自律神経失調症の症状によって休職は甘えなのか

スポンサーリンク

自律神経失調症の症状がひどく、仕事に行くことがつらい、治療がなかなか進まないという場合、休職を考える方も多くなります。しかしこれを甘えとする周囲の意見もあります。自律神経失調症で休職するということは甘えなのか?調べてみました。

 

 

【自律神経失調症の症状で給食を考える時】
うつ病、自律神経失調症などの病気で苦しむ方が多くなっています。このような状態では、症状がよくなることも少なく、またこうした病気になったきっかけが職場にあるという場合、一旦仕事を休職し、治療を優先しようと考える方もいます。

 

しかし自律神経失調症で休職なんて甘えなのか?と考える方もいますし、仕事を長く休むということがただ自分のわがままではないのか?と感じてしまう方もいます。

 

 

【甘えなのか?ではなく今の自分の状況をよく考えてみて】
休職しようと思う時、甘えなのか?我儘なのか?と考えてしまう人もいますし、周囲にはそれって甘えの病気でしょ?と心無い言葉をぶつけてくる方も少なくありません。
でも辛いのは自分、このままいけばうつ病に移行することも考えられます。仕事を長期休むか休まないか、これに迷うようなら医師に相談し、今の自分の症状、状態をよく見極めるべきです。

 

スポンサーリンク

 

【体調に波があるという場合も悪化の前に休息をとる事を考えて】
体調に波があるというのも自律神経失調症の特徴です。今日はすごくいい、でもその後が悪くなるということもあるので、自分も不安を持っていますし、仕事する側としても今日はいいなと感じながら仕事をするのでは疲れてしまうかもしれません。

 

治療をしっかり行い、根本的に自律神経失調症の症状を治したということなら、休職し、症状を軽くすることに勤め、甘えなのかなどを考えずに自分の心と体を大切にする方がいいと思います。

 

 

【甘えなのかと思わず医師に診断書を書いてもらい病欠にしてもらう方がいい】
うつ病とは違い、医師から診断書を貰い提出して病気による休業としてくれない企業もありますが、明らかに精神、肉体に異常があるということが分れば、休職に理解を示す企業もあると思います。
この場合、医師から診断書を貰いその足で直属上司のもとへ行き、その上で仕事を休むかどうかを決める方がいいでしょう。

 

甘えなのか?と自分でも感じるし、周囲からも甘えなんじゃないの?といわれると、非常につらい気持ちになります。でも自律神経失調症の症状は決して甘えでいっているのではなく、自然に出てしまうことなのです。休職するということも視野に入れて治療を考えるべきです。

スポンサーリンク