自律神経失調症 症状 労災認定法

自律神経失調症の症状と労災認定法とは

スポンサーリンク

自律神経失調症の症状が激務による疲労、休みが取れる状況にないなどの劣悪な職場環境だった場合、労災認定法を利用出来る可能性があるのでしょうか。実は労災認定法を活用できる可能性はゼロに等しいといってもいい位可能性が少ないといわれています。

 

 

【自律神経失調症は現代病とも呼ばれる深刻な病気と考える】
うつ病に自律神経失調症、現代人はこうした精神疾患になるかもしれないというリスクを負いながら仕事を行っているといっても過言ではありません。もし、仕事が原因で自律神経失調症になった、症状画起きたということがわかる場合、労災認定法が利用できるのでしょうか。

 

実は労働基準局に相談に行ってみても、自律神経失調症が労災認定法にはまる事はないといわれます。ほとんどの場合、適用はないといってもいいかもしれません。

 

 

【自律神経失調症は症状であり病気ではないという考え方】
自律神経失調症は現代病といわれており、精神疾患の中では病気として捉えられていますし、本人は非常につらい症状に悩まされることになります。しかし労災認定法の中ではあくまでも症状なのです。

 

個人が感じる症状だから人が判別できない、専門かである精神科の先生ならこれは辛いねと判断できても、労災認定法を利用し労災認定を行っている人からすればわからないのです。

 

スポンサーリンク

 

【定義されていないことが理由といえる】
例えばパワハラ、セクハラなどをうけて自律神経失調症になったということがわかっていても、パワハラ、セクハラということが労働基準法によって定義されていないのです。
この場合、民事訴訟を起こしパワハラなどと闘うことになります。このことが原因となって例えば心因性の疾患の症状があるという場合、医師の診断書の提出によって慰謝料を請求できるということはあります。

 

 

【労災認定法ではなく民事訴訟になる】
自律神経失調症の場合には、この病気になって社会的に仕事が出来ない状態や、日常生活にも支障をきたし、身体的に症状が出てきたという場合でも、労災認定法ではなく民事訴訟で賠償請求を行う以外に方法がないということになります。

 

この先、この疾患が確固たる精神病であると法的に認められ、労災認定等ができるようになっていけばいいのですが、現状、民事訴訟以外に手段がないのです。

 

本人がどんなにつらい状況だと訴えても、労働基準法に定義がないため、どうすることもできない状況です。ただ仕事の事が原因ということが明らかで、非常につらい状態になっているという場合、民事訴訟に踏み切る方もいます。

スポンサーリンク