自律神経失調症 タバコが原因 激しくなる

自律神経失調症の症状はタバコが原因で激しくなるともいわれる

スポンサーリンク

タバコは身体によくないこと、わかっていても止めることが出来ない人も多いです。しかしこのタバコが原因で自律神経失調症の症状が激しくなるということもあるようです。治療を行う上で禁煙や減煙を考えていくべきでしょう。

 

 

【タバコを吸うことがリラックス?】
タバコを止められない人に聞いてみると、タバコがリラックス方法となっていうからという意見を聞きます。お酒同様、ストレスを感じるとお酒を飲む、タバコを吸うということでリラックス、落ち着くということができるという意見です。

 

しかし、タバコにはみなさんご承知の通り、ニコチン、タールなどがふくまれているため、体にはいいことがありません。ヘビースモーカーの方はタバコがないと落ち着かない、という依存症になっている方も少なくないのです。

 

 

【タバコと自律神経失調症の関係とは】
自律神経失調症の方はタバコを吸うと余計に症状が悪化するということも言われています。仕事で一服することがリラックスできる、ストレス解消できるといいますが、タバコの依存症となっているからイライラが無くなるということの方が大きいのです。

 

自律神経に関しては精神的依存が強くなり、それによってタバコがないと自律神経が乱れる、すえないとイライラするという状態が継続するので、自律神経にとっても非常によくない状態です。

 

スポンサーリンク

 

【自律神経失調症の方はタバコが原因で症状が激しくなる】
タバコに依存しているということがあるため、自律神経失調症を患っている人はその症状プラスタバコの依存症が出てきます。何かに依存するということが自律神経失調症の症状を悪化させる、激しくさせるということもあるのです。

 

タバコを吸うと血管が収縮しますが、タバコが原因で血管や体液の乱れが自律神経の乱れを呼ぶこともありますし、タバコを吸えないということのイライラで自律神経が乱れて、タバコが原因となって症状が激しくなるのです。

 

 

【できれば止めることを目的に考えていこう】
タバコが原因で症状が激しくなることが理解出来たら、肺、呼吸器などにも害を与えるタバコを極力減らす、出来れば止めることを考えましょう。
自律神経失調症の症状が激しくなると仕事をミスするということも多くなります。社会生活に影響しないように、今、やめておくべき時なのかもしれません。

 

タバコが原因で起る病気は肺がんや呼吸器系の病気など、様々な病気が挙げられています。でもタバコが原因となって自律神経失調症の症状が激しくなるということは知られていません。症状が激しくなることを実感できずにいる方も少なくないので、止めるという方向に考えていくべきでしょう。

スポンサーリンク