自律神経失調症 アルコール 動悸 激しくなる

アルコールで動悸が激しくなる症状は自律神経失調症かも?

スポンサーリンク

今までこんなことはなかったのに、アルコールを飲むと動悸が激しくなるという症状がある場合、自律神経失調症の可能性もあります。気になる時にはメンタルクリニックなどにいって検査を行ってみるべきです。

 

【アルコールの過剰摂取で自律神経失調症になる事もある】
ストレスを受けるとストレスを解消しようとお酒に走る人も少なくありません。実は自律神経失調症の原因としてアルコールの過剰摂取が菊花気になるということもいわれています。

 

アルコールは適度に、適量飲むということならリラックス効果があり、自律神経にもいい効果が期待できますが、過度になってしまうと自律神経も乱しますし、肝臓も荒れてしまいます。

 

【アルコールの摂取で自律神経失調症の症状がひどくなることもある】
自律神経失調症の症状には動悸が激しくなるなどもありますが、この症状がアルコールのよってひどくなることもあります。
アルコール自体、血液の流れをよくする効果がありますが、自律神経の乱れによって動悸という症状がある場合、より激しくなる可能性もあるのです。

 

スポンサーリンク

 

【自律神経失調症の治療でお薬を飲んでいる場合】
自律神経失調症で病院にかかっている方も多いと思いますが、この場合、不眠症を解消するための睡眠薬や気持ちを安定させるための安定剤などが処方されます。
お薬を飲んでいる方が多いため、睡眠薬などの場合、併用することは死亡するリスク等も考えられるため、動悸が激しくなる以前に併用は絶対にNGです。

 

 

【アルコールを上手に利用することが大切】
リラックス効果があるということから、寝る前に少し飲むという方も少なくないと思いますが、自律神経失調症で動悸が激しくなるという症状をお持ちの方は、まず医師に相談してください。
大丈夫だと思っているお薬もアルコール併用はダメというお薬もあります。そのため、まず医師に相談してみるべきです。

 

動悸が激しくなるという症状はその他の病気でも考えられますので、自律神経で病院へ行っているという方も、お酒で動悸が激しくなるという相談をしてみてください。心臓の鼓動が激しくなると不安を助長することもあり、自律神経の症状が悪化することも考えられます。

スポンサーリンク