自律神経失調 症状 運転できない 対処法

運転できない!自律神経失調症の症状への対処法

スポンサーリンク

自律神経失調では様々な症状がありますが、車の運転できない・・・という状態になると、仕事に行くこともできないということも出てきます。この運転できないという状況になった場合の対処法も理解しておきましょう。

 

 

【自律神経失調症の症状「運転できない」ということもある】
自律神経失調症には精神的な症状として集中できない、やる気が起きない、ボーっとしてしまうなどがあります。こうした精神的に出てくる部分は自分でも気が付かないうちにそういった症状となっているので、気を付けていても気が付くと集中できていないという状態になります。

 

こうした自律神経失調症の症状の中には「運転できない」くらい集中が切れボーっとしてしまうことがありますので、非常に危険です。

 

 

【一時的にふわーっとすることもあるし継続することもある】
自律神経失調症の方が運転をしている時に一定期間ふわーっとした状態が続くという時もありますし、それが継続しているという場合もあります。もしも常にふわふわしているような感覚がある場合、運転は中止した方が安心です。

 

また自分が車の運転をしているのに、車のスピード、周囲の出来事などが脳で処理できず、「運転できない・・・」と不安になる事があります。

 

スポンサーリンク

 

【運転できない症状が出た場合の対処法】
車の運転に不安がある、運転を継続するのが怖いと思う時にはまず安全な場所に停止してください。もしも動機や息切れ、不安感やめまいなどがしばらく休んでも消えないということなら、ご家族や友人に来てもらい車を運転してもらうことも必要です。

 

また自律神経失調症でこうした状態になる時にはあせっている時、スピードを出している時が多いので、スピードを出さないという対処法、余裕をもって車を運転するという対処法も考えておくべきです。

 

 

【飴を食べたりガムをかむ、運転できる人と一緒の時だけ車に乗る】
もし自分が気分が悪くなった時、この人がいるから安心という方に同乗してもらうと症状が出ないという方もいます。
またガムをかんだり飴をなめたりすることで運転できるという方もいますので、不安感が強いという時や怖いと感じる時の対処法として、飴、ガムなどを口に入れることができるようにしておくと安心です。

 

自律神経失調症の症状の中でも運転できないというのは非常に危険です。最初から不安で運転できないということなら乗らないという判断ができますが、そうではない場合に備えて対処法を考えておくべきです。対処法はその時々によって違いがありますが、自分でこういう時にはこうするということを決めておくと安心です。

スポンサーリンク