自律神経失調症 目がかすむ原因

自律神経失調症で目がかすむ原因とは?

スポンサーリンク

自律神経失調症はうつ病と並び、現代人に多くなっている精神疾患の一つです。この症状の中で、目がかすむということがあるのですが、目がかすむ原因となる事はどのような事なのでしょうか。その他の症状と共に理解しましょう。

 

 

【自律神経失調症の症状は様々】
うつと並び自律神経失調症は現代病と呼ばれるほどに疾患数が多くなっている病気です。精神的な病ですが症状は様々で、頭痛やめまいなどの身体的な症状が出てくることもあります。
身体的な症状と精神的な症状がありますが、いずれも人によって様々である人は頭痛やめまいがあり、ある人は目がかすむ原因が自立神経失調症だった・・ということもあるのです。

 

 

【身体的な症状とは】
目がかすむ原因というと老化や目そのものの病気と考える方がいますが、疲れ目や痙攣、ドライアイ等、目がかすむ原因が自立神経からくるもの・・ということもあります。この他に頭痛、頭が重いという感じ、さらに耳鳴りや耳が詰まっているような感覚、のどの圧迫感や口の渇き、動機やしびれ、血圧の変動など非常に多くの身体的な症状があるのです。

 

スポンサーリンク

 

【自律神経失調症の精神的な症状】
頭痛、動機、目がかすむ原因となる自律神経失調症には精神的な症状もあります。一つにはイライラして情緒不安定になるということ、また怒りっぽくなったり悲しんだりという症状もあります。
何にでも悲観的になり落ち込むと気持ちが上がっていかない、ちょっとしたことが気になったり、やる気がない、集中力がない、物忘れがひどいということも自律神経失調症の症状です。

 

 

【目がかすむ原因は一応眼科で調べておく方がいい】
目がかすむという原因については自律神経失調症ではなく、別の病気ということも考えられるので、一度眼科で検査などを受ける方がいいでしょう。
眼科で検査を受け、その後、異常がないということであれば精神的な疾患が原因となっていることが考えられるので、メンタルクリニックなどに相談すると安心です。

 

目がかすむ原因が自律神経失調症だとは思わず、どこに行っても原因が分からず悩んでいるという方も少なくありません。この病気の症状として目や耳などの身体的な部分にも影響するということを理解しておけばメンタルクリニックなどへの相談も考えることができます。

スポンサーリンク