社交不安障害 治療期間 どれくらいか

社交不安障害の治療期間はどれくらいか?

スポンサーリンク

ストレスを受けることが多くなっている現代ですが、人とのお付き合いが苦手で社交不安障害に陥る方も少なくありません。この病気になった場合、治療期間はどれくらいか、理解しておきたいものです。

 

【社交不安障害とはどういう疾患か】
社交不安障害というのは社会生活の中、また大勢の人の中で何か行動する時、強い不安感、緊張、時に恐怖を感じ、その状況を避けることもあり、日常生活に支障をきたす病気をいいます。

 

人前で恥ずかしい思いをする、また何もできないんじゃないか、悪く言われるのではないかと不安が非常に強くなります。ただこうした不安感や緊張症は、多くの方が感じていることであり、誰しも人前で緊張するものですが、その症状が非常に強く顕著で持続的ということがこの病気の特徴です。

 

【社交不安障害は早い人では中学生くらいから発症する】
思春期というのは何事においても人目が気になります。自意識が芽生える時期なのでどうしても人からどう見られているかが気になるのです。そのため、思春期時代からこの病気を発症する人も少なくありません。

 

あがり症、赤面恐怖、対人恐怖症などは性格の問題で病気ではないと考えられていましたが、生活に支障をきたすほどこうした症状を起こす方もいて、これは社交不安障害という病気であるとわかってきたのです。

 

スポンサーリンク

 

【治療期間はどれくらいか?これも人によって違います】
通常この病気の場合、薬物治療、認知行動療法などの医療分野の治療をいくつか組み合わせて行いますが、治療期間1年ほどで8割の方が治癒するといわれています。

 

しかし思春期時代から社交不安障害に悩まされているという方も多い病気です。人によって治療期間がどれくらいか、ということは異なります。
薬物療法が効果を発揮する病気といわれていますが、社交不安障害の治療期間中、薬物を利用して効果が出てくるまでに2週間から3週間程度かかるので、すぐに効果を発揮することにはなりません。

 

【治療期間は他の精神疾患と比較して長くない】
うつ病や自律神経失調症等の場合、治療期間がどれくらいかというと、かなり長くかかる方もいて、再発を繰り返すことも少なくありません。人によって治療がどれくらいか?という期間は限定出来ないのですが、社会不安障害の場合は、長くても1年半、2年くらいでそれ以上かかる事は少ないようです。

 

精神疾患で1年くらいの治療期間なら、今しっかりと治療しこの病気と向き合って治していくことを考える方が将来も安心できると思います。
社交不安障害でメンタルクリニックなどに通う場合治療期間がどれくらいかと心配される方もいます。でもどれくらいか?治療にかかる期間がしっかりわかる病気なので、治療を受ける気持ちになる方が多いようです。

スポンサーリンク