中学生 自律神経失調症 不登校の原因

中学生の不登校の原因に多い自律神経失調症

スポンサーリンク

現代は小学生も中学生も大人も子供も、ストレスを受けて精神疾患となる人が多くなっています。特に中学生は多感な年齢で心も体も大きく変化する不安定な状態なので、自律神経失調症になる子も少なくありません。不登校の原因となる事もあるのです。

 

【中学生の不登校の原因となる事が多い自律神経失調症とは】
朝目があくし学校に行かなくちゃと思うのに学校に行くことが出来ない、こうした中学生が多くなっています。多くの親御さんはお子さんの気持ちがわからない、甘え、それとも反抗なのかと途方に暮れることも少なくありません。
他に原因があるかもしれませんが、中学生等の年代で不登校の原因には自律神経失調症ということも少なくないのです。

 

自律神経失調症は慢性的な疲労を感じたり、めまいやだるさがある、また下痢や微熱が出ることもありますし、精神的な症状としてはイライラ、不安感、やる気が出ない、ゆううつなどがあります。

 

【自律神経失調症でやる気が起きない、体を動かす気にならない】
不登校の原因となる事も多い自律神経失調症の場合、交感神経の働きが悪く、寝ている時に活発になる副交感神経が強くなっている状況です。
朝は通常交感神経が働き始めるはずなのに、なぜか優位にならず、学校に行こうという気持ちもなくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【交感神経の働きが低下するとぐっすり眠れない】
交感神経の働きが鈍くなるとぐっすり眠れなくなります。眠りが浅い状態になり、しっかり眠る事が出来ないので、朝起きても体がだるい、やる気にならない、体を起こすことが出来ない無気力状態になります。
自律神経失調症の場合、こうしただるさに加えて精神的症状以外に、頭痛やめまい、微熱などの身体的な症状が出てくるため、ますます不登校の原因となるのです。

 

 

【中学生の不登校の原因がなにか?それを理解し治療に勤める】
病院にも行きたがらないと思いますが、不登校の原因には自律神経失調症のほか、うつ病などもあります。いずれにしても、早期に治療を開始することが重症化させないことになるので、一度頑張って病院に行くべきです。
ここで不登校の原因が自律神経失調症であるとわかれば、治療を行い、医師と相談しどうご家族が対応していけばいいかを考えることもできます。

 

中学生という年齢は多感な年ごろです。反抗期か?それともいじめなのか?何も対処せずにいることはできません。病気であるかどうか、それがわかるだけでも対応を考えることができるので、専門医にみせるということは重要です。

スポンサーリンク