仮面うつ病 腰痛 解決法

仮面うつ病の人に起る腰痛の解決法

スポンサーリンク

仮面うつ病は通常のうつ病の症状とはまた違う症状がある事で診断がつきにくいといわれます。精神的疾患で出てくる症状には様々なものがありますが、この病気の場合、腰痛も症状の一つとしてあげられていますので解決法をみつけることが重要です。

 

【仮面うつ病の症状には様々なものがある】
自律神経失調症の症状とよく似ている部分もあり、またうつやこうした精神疾患と思えないような症状が出てくることもあるのが仮面うつ病の特徴です。

 

肩こりや頭痛、不眠症や微熱などがあり、また腰痛なども出てきてこれはどこかゆがみがあるとか、別の病気がある等ではないかと病院に行っても全く治る気配がない、そこでご家族が気分の落ち込みや感情のコントロールが出来ないことがあるようだとメンタルクリニックにいって初めて、仮面うつだと分かり、解決法を探るという方も少なくありません。

 

【腰痛がメンタル的な物かどうか検査が必要】
仮面うつ病ではなく本当に腰、骨盤などに何か問題があるという場合もあるので、腰痛がある時にまず整形外科に行き、その状態を診察してもらいます。その上で異常がないという場合には、メンタル面を疑いクリニックなどにいってみるといいでしょう。

 

精神的な面からくる腰痛ということなら、心をリラックスすること、またストレスとなる事になるべく関わらないでいれば、次第に良くなっていくと思います。

 

スポンサーリンク

 

【仮面うつ病の腰痛を改善する解決法】
リラックスできる環境に身を置く、ということ、症状が置きにくい環境の中で、とにかく休養をとるということが解決法となります。

 

仮面うつ病は下痢だったり頭痛だったり、身体的な症状が出てくるのでわかりにくいのですが、こうした状態になる理由が見つからないという場合、仮面うつ病の可能性が高いです。緊張した状態ではなく、自分が症状の出にくい気持ちよく過ごせるところで過ごすということも治療になります。

 

【緊張している腰、肩などを休ませることも解決法】
仮面うつ病の原因となっている仕事場、人間関係があるところにいると、ストレスを受けて体が緊張し血液の流れが悪くなります。筋肉も凝り固まり、動きが取れなくなることもあるので腰痛なども起こしやすくなります。

 

仮面うつなどにしてもそのほかのうつにしても、解決法を探る時、やはり仕事を休む、休養するということが大切な要素となる事が多いので、体をしっかり休めるということも解決法となるでしょう。

 

腰痛、頭痛、吐き気、肩こり・・・とてもうつ病とは結びつかないような症状がある仮面うつ病は、まず仮面うつ状態だと把握してもらうことが難しい病気です。病気なのだと知っている人がいる状態で生活することが治療につながります。

スポンサーリンク