メランコリー型 性格 モラハラ 対処法

モラハラ被害にあいやすい性格「メランコリー型」の人の対処法

スポンサーリンク

モラハラ被害など最近は企業でも学校でも、こうした被害が多くなっているようです。こうした被害者の中には、メランコリー型の性格の人が多いといわれています。精神的につらいこのような被害への対処法を考えましょう。

 

【モラハラ被害にあいやすいメランコリー型の性格とは】
企業等で問題になっているモラルハラスメント、この被害にあわれる方には共通点があるといわれています。その共通点こそ、メランコリー型の人格を持っている方です。

 

メランコリーとは憂鬱という意味がありますが、この型の性格という方は、うつ病にもなりやすいといわれています。憂鬱と仲良し・・親和性が高いということは、よい意味でつかわれることが少ない分類だと認識する方がいいでしょう。

 

【メランコリー型の性格とは?】
この性格はどのような性格なのかを調べてみると、几帳面で生真面目、責任感が強くしっかりした印象で、人との関係についても細かく配慮でき仕事もできる、ただ感情を引きずりやすい傾向にあるというものです。

 

一見して仕事も一緒にしやすそうですし、いい人、という印象を持ちます。しかしよく考えてみると、自己犠牲しやすい人ともいえます。

 

スポンサーリンク

 

【モラハラから自分を守る】
モラハラは倫理や道徳を振りかざしつつ精神的な暴力、嫌がらせを人に見えないようにしてきます。態度などで行われる精神的な暴力は、証拠が全く残らないので被害が表に出にくく、長い期間、被害を受けることも多いです。

 

またメランコリー型の性格を持っている方は、私が我慢すればいいと自己犠牲の上に成り立っている性格なので、モラハラ被害にあっても人に相談できず悩み、うつになってしまう方も少なくありません。こんな人が自分を傷つける必要はないはずと、対処法を考えるべきなのです。

 

【何をいっても毅然に!が対処法】
対処法を知っていれば対応できます。相手が何もできないと思っている、そういう人を狙って困っていることを楽しむのがモラハラです。

 

辛い表情で被害を自分で受け止めればいいと思ってしまうメランコリー型の性格ですが、ここはしっかりと「受け止めずに」、相手が何かをいってきたら「は?なんのことを言っているんです?」辛いことをいってきたら「お互い様」など冷静な対応をとります。

 

また常に笑顔でにこにこしていると、相手はつまらなくなります。こういうことをしてくる人は相手の悲しい顔、困っている顔をみたくて、それを見ることがストレス解消になっているのですから、いつもニコニコ笑顔一杯で、何かをしてきたら?「は?今なんていったんです?誰の事をいっているんですか?」と大きな声で返してみましょう。

 

対処法を考えてみるといろいろ思いつきます。自分がメランコリー型であることを理解できればモラハラへの対処法はいくつでも出てきます。どんな対処法でもとにかく毅然となんでも大きな声で返事をすることがポイントです。相手はきっとひるむと思います。

スポンサーリンク