非定型うつ病 学生の時 対処法

非定型うつ病に学生の時になった場合の対処法

スポンサーリンク

うつ病というと社会人になってから疾患を持ってしまう人が多いと感じますが、実は学生にもたくさんうつ病に悩んでいる人がいます。最近は非定型うつ病を学生の時に経験したという人も多いです。その対処法を理解しておきましょう。

 

【非定型うつ病は社会人だけの病気ではない】
うつは今国内でも深刻な問題となっています。ストレス社会と呼ばれている中、うつ病を患う人の数は増加傾向にあります。また通常のうつではなく、非定型うつ病と呼ばれるうつには見られない別の症状が多く、うつと診断されないということもあります。

 

非定型うつ病は頭痛やめまい、下痢などの別の病気があり、通常のうつとは違う症状があるため、うつと診断されにくい病気です。しかしこうした非定型うつ病も非常に多くなっており、まずは自分がどういう状態なのかを把握することが必要なのです。

 

社会人のうつがクローズアップされていますが、実は学生の時からうつを患っているという方も多く、学生の時に非定型うつ病と診断される方も多いです。

 

【学生の時に非定型うつ病になった場合の対処法】
非定型うつも通常のうつも、生活のリズムをよくする、またしっかり休業するということが治療の基本となります。そのため、社会人の方などは休職する、また退職するなどを対処法として治療を優先に考える方がいいといわれています。

 

学生の時に非定型うつとなったという場合も、対処法として休学するということを考えた方がいい症状の方も少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

【学生の時に休学するという対処法を選ぶ場合】
症状がそれほど重くなく、医師から処方されるお薬などを飲んでいれば、症状が軽減される、落ち着くということなら休学という対処法ではなく、通いながら治療するということでもいいと思います。

 

ただうつの症状がかなり強くお薬でも対応しにくい、またうつになった要因が学校にある、友達関係にあるという場合、さらに悪化していくことも考えられます。

 

【今を大切に、今だからできる対処法かもしれません】
学校で勉強するということも大切な事ですし、休学という状態を作りたくないということもあるかと思いますが、今、学生の時を大切にし、治療を優先しなかったことで、後に社会人になってからさらに非定型うつの症状がひどくなるということも考えられます。

 

学生の時にしっかり対応、治療することでその先、再発予防に考慮しながら社会生活を送る事もできるでしょう。

 

非定型うつは学生の時でも社会人になってからでもなりうる病気です。また誰がなってもおかしくない病気なので、おかしいと思った時、検査にいってうつということなら治療を開始することが最も重要な事です。

スポンサーリンク