新型うつ病 退職する 対処法

新型うつ病で退職するという対処法

スポンサーリンク

新型うつ病は通常のうつ病とは違い、他人に向けて責任をぶつけることが多いので、休職するよりも退職する方が、しっかり治療できるともいわれます。この場合、どのような対処法で退職を考えればいでしょうか。

 

【新型うつは通常のうつとは違うため対処法に戸惑う】
新型うつ病は通常のうつ病とは違う症状が多く、周囲から見るとうつとは思わず「甘えている」「我儘」と受け取られることが多い病気です。

 

遊びは楽しく過ごせる、でも仕事になるとやる気を失う、落ち込むという症状で周りからは理解を得にくい病気なのです。

 

また新型うつ病の場合は、自分に対して「だめな人間」「必要のない人間」と考えるのではなく、「会社のせいでこうなったと外に向けて考えるので、企業等でもトラブルが多くなってしまいます。

 

【対処法としては退職して生活を作り直す方がいい】
自分の症状が職場の人のせいと思うことも多いので、働きながら治療するということが難しい病気です。症状がひどい時には休むというスタンスで治療しながら治すということを考えても、働くことによって起こる症状が多いので、治療が進まないことも多いのです。

 

不眠や過食、また夕方になるとうつ症状が起る、仕事場でひどくなるなどの特徴があるので、まずは生活をしっかり作りなおすことが治療となります。朝しっかり起きて三食リズムよく食事をし、一定の時間で眠るという行動を行い、生体リズムを作りなおすことが大切なので、一旦退職するという対処法も考えておくべきです。

 

スポンサーリンク

 

【新型うつ病は職場の人に対してトラブルを生むことが多い】
対処法として退職する方がいいといわれるのは、自分がこの病気になったのは会社のせいとするのが新型うつ病の特徴だからです。同僚が「今日は顔色がいいね」と話しかけた場合も、「いつも顔色が悪いってこと?病気だからってバカにしている」と過剰にマイナス方向に受け取るのが新型うつ病です。

 

こうした症状の為、会社の人とトラブルを起こすこともありますし、何より、仕事にやる気が起らず気持ちが落ち込むという症状が出るのも新型うつ病の特徴なので、治療がのです。退職することが対処法と考えることも重要です。

 

【退職する対処法を選んだら徹底して治療を行うこと】
退職する対処法を選んだら新型うつをしっかり治療するために、生活リズムを整えること、また専門の医療機関にかかり適切な治療を受けることが必要です。

 

ご家族も病気なのだという認識をしっかり持って、症状が出てもあわてず対応していくことが必要です。

 

退職するのは生活上困るという方もいるかと思いますが、時に攻撃的な症状がひどくなることもあるのが新型うつ病なので、自分の病気を治療するためにも今しっかりと向き合うことが大切です。ご家族、医療関係者のサポートを受けてしっかりと病気を治すことを第一に考えましょう。

スポンサーリンク