非定型うつ病 完治する場合 期間

非定型うつ病が完治する場合の期間はどのくらい?

スポンサーリンク

非定型うつ病はどのくらいの期間でよくなっていくものなのか、また完治する場合、どの位の期間がかかるのか、近しい人、ご家族からすると非常に不安だと思います。少しずつ回復していくと思いますが、どのくらいかかるのかを理解しましょう。

 

【非定型うつ病が完治する場合はしっかり治療を受けた場合です】
時に甘えととられたり、正確が悪いとか変わっているとか切れやすい人等、非定型うつ病の方は病気と思われないこともある厄介な病気です。通常のうつは自分に向かってマイナスな思考がありますが、新型うつの場合には、外に向けてマイナス的思考となるので非常に厄介です。

 

うつ病の治療は通常、休養すること、またお薬などを適切に使っていくことが求められますが、非定型うつ病の治療は通常のうつと同じ治療を行ってもうまく活きません。

 

もちろん、ただ我儘なだけではないし、甘えているわけでもなくれっきとした病気なのですから、専門医療機関で治療することが必須で、ただ期間をおけば治るという病気ではありません。

 

【生活リズムをよくする必要があるのである程度の期間は必要】
新型うつになって完治する場合も、短い期間で治るということは少なく、ある程度時間が必要です。お薬などの治療を行うのと並行して、新型うつも生活リズムをよくする必要があるからです。

 

ただうつの症状があるのでうまく生活リズムを変える事が出来ないことが多いので、気長に治療することが必要なのだと考えるべきです。

 

スポンサーリンク

 

【完治する場合も再発がある事を忘れないようにする】
完治できるのか?完治する場合はどのくらいの期間がかかるのか?非定型うつ病の人がご家族にいるという場合や、周囲の人からすると気になる事です。しかし、完治する場合についても、どの位の期間がかかるのか?その人によって全く異なります。

 

完治する場合も、うつの場合は再発することが多いということを心にとめておかなければなりません。何かショックな事や非常に落ち込むようなことがあった時、再発のきっかけとなる事も少なくないのです。

 

【期間を考えず気長に対応することが必要】
1年くらいで何とか回復できる人もいる、しかし数年にわたり非定型うつ病に悩まされる方も少なくありません。期間を考えるよりも、日々、少しずつ良くなっていくことを願い、対応しておく方がいいと思います。

 

完治する場合も、再発を繰り返す場合もありますが、本人が一番苦しんでいるのだということを家族や周囲の人が理解してあげることが最も重要な事です。

 

非定型うつ病は今、都市部を中心に多くなっています。ご家族や周囲の人も辛い思いをすることがあります。ただ本当につらくて苦しい思いをしているのはこの疾患を患っている本人なので、完治するまで、葛藤し苦しむそばでしっかり見守ってあげることが重要です。

スポンサーリンク