新型うつ社員 迷惑 対処法

新型うつ社員で迷惑といわれる際の対処法

スポンサーリンク

うつ病も現代は新型うつ社員と呼ばれる新型うつ病を患う病気がふえ、企業にとっては迷惑となる行動も多くなり、多くの企業が対処法を模索しています。迷惑をかける、人のせいにする新型うつは非常に扱いにくく、対処法を考慮しておかないと職場もバラバラになります。

 

【新型うつ病は職場にも迷惑をかけることが多い】
通常のうつ病の場合、自分を責める気持ちが大きく自分などはだめな人間だと内にこもっていき、様々な症状が出てくるのですが、新型うつ病の場合は企業のせい、同僚のせい、上司のせいと外に向かって被害意識を持つので、職場にひどく迷惑をかけることがあります。

 

こうした新型うつ社員、職場で迷惑となる社員が増えているといわれている現代で、新型うつ社員に対し対処法を練っておくことも、これからの企業には重要な事だと思います。

 

【新型うつ社員は自らうつであることを表明する】
通常うつの人は自分がうつであることを認めたくないし、強く否認します。しかし新型うつ社員はそれこそ得意げに、うつ病であることを表明することが多いようです。

 

病気を受け入れてから通常のうつの方は、病気を治そうと頑張りますが、新型うつ社員は診断には協力的でも自分が違うと思うことについて治療を行うこともありません。

 

スポンサーリンク

 

【対処法をしっかり考える】
職場にとって人材として戦力となるうつ病の社員が戻ってきてくれるように、主治医などと話し合いながら受け入れるのとは違い、職場にとってトラブルメーカーにもなりかねない新型うつ病の社員には、対処法を考えておく必要があります。

 

仕事については復職させるのか、復職させないのかをはっきり決めておくことが対処法となります。今後の事を全く考えずにあいまいに返事をすれば、あの時こういった、こういうことが自分のストレスになってうつがひどくなるなど考える人もいます。

 

復職が難しいと考えるようなら復職無の方向で、この先も病気が治ったら復職してほしという場合、迎える対処法を考える必要があるでしょう。

 

【現在の状態にあった対処法となる就業規則を作っておく】
休職に関しては法律的に定めがないので、就業規則を作成しそこに休業についても、社内規則ということでのせておきます。

 

この時、実態に合わない状態にしておくと面倒があるので、対処法としてどのような事に定めが必要なのかよく話し合い、その上で休職規定を作るべきでしょう。

 

病気に関して職場に迷惑になると企業側が考えるのはよくありませんが、新型うつ社員の場合、非常に迷惑な行動をとる事も少なくありません。社内規則などをしっかり作り適切に対応していくことが求められます。

スポンサーリンク