うつ病の人 お金に執着 原因

うつ病の人がお金に執着する原因はなにか?

スポンサーリンク

うつ病の人の中にお金に執着する人がいます。この原因は、元々うつになりやすい人こそ、何かに執着する気質を持っているということが挙げられます。うつでお金にひどく執着する原因は一体どういうことなのでしょうか。

 

【何かに執着する人はうつ病になりやすいといわれている】
うつ病の人というのは非常にまじめで何でもしっかりと基本通りにやりたがる人や、物事に執着してしまう人がなりやすいといわれます。真面目な人が自分がやるべきことが出来ずに自分自身がダメなやつだと思ってしまうことも多く、メンタルを崩しやすいのです。

 

どうしてもこうしたい、こうしたかったのにこう出来なかった、いつまでもこうした終着を持っていると他の事が考えられなくなります。神経がそのことばかりに集中し、様々な事が出来なくなると、何もかもが先に進まなくなります。

 

【うつ病の人がお金に執着する原因とは】
うつ病の人がお金に執着する原因は、お金に対してひどく苦しい時期があったのかもしれません。その時の苦しみから解放されていないため、お金ということについてひどく執着してしまうと考えられます。

 

お金がない、生活が苦しいということからうつになるかもいます。この場合、うつ病の人によく見られるお金に執着するということの原因になっても仕方ないのかなと思います。苦しい思いをした、我慢をしたというストレスを抱え込んでいた根源がお金になるので、どうしても執着する原因なのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【例えば疲労していても休むことが出来ないという人】
お金に執着する人もいますが、うつ病の人の中には仕事が忙しく疲れていても休むことが出来ず、常に働いていなければならないと仕事に執着してきた人も少なくありません。

 

そういった人が例えば新しいプロジェクトメンバーから外されるなどがあると一気に落ち込み、うつ状態になる事も少なくないのです。お金に関しても同じで、お金に執着するうつ病の人は、過去にお金に関する悔しい思いや、捨てきれない思いがあるのかもしれません。

 

【不安要素を消したい、だから求める】
うつの人は常に不安を持っていて精神的にバランスを崩している状態です。その中で自分が最も大切にしてきたモノがお金、また悔しい思いをしてきたのがお金なら、うつになってから執着がひどくなってもそれはもっともな原因と考えられます。

 

健康な人も何かに強く執着しているという場合、失った時、それがうつ病の原因となるかもしれないと考え、執着を捨てるということも大切です。

 

お金に執着するという症状は痴呆の方にもよく見られることです。原因はその人それぞれだと思いますが、うつの場合、回復していく過程で次第に執着も少なくなっていくと思います。トラブルにならないように医師に相談しながら対応していきたいものです。

スポンサーリンク