うつ病 復帰目安 どのくらいか

うつ病の復帰目安・・どのくらいか?

スポンサーリンク

うつを患っている方も、ご家族も、また周囲の方々も、治療を頑張って職場に復帰できるくらいになってきたと考える状態に早くなりたいと思っています。復帰目安はどのくらいか?これも理解しておきたいことです。

 

【うつ病からの復帰目安はどのくらいか、どの時期がベストなのか】
うつ病になると働くということが出来なくなる方が多いのですが、休職されていた方が職場復帰目安となるのはどのくらいか?一般的な時期を理解しておきましょう。

 

うつで休職されている方も少しずつ良くなって来れば、仕事に早く復帰しなければと気持ちが出てくると思いますし、雇用している側も、戦力としてまた戻ってきてほしいと考えていると思います。しかし雇用する側にしてみると早く復帰して再発するのなら、復帰する時期をしっかり考えてほしいとも感じます。

 

【復帰目安がどのくらいか、そのステップを理解する】
まず最初のステップ、うつ病による休業、その間、医療機関での適切な治療を受けます。回復傾向がみられるようになったら焦ることなく、治療を続け医師が復帰可能かどうかを判断します。

 

復帰できるかどうかの判断また復帰目安を付けて支援プランを作成し、そのプランに沿って復職に備えます。最終的に医師が職場への復帰目安をどのくらいか定め、復帰となります。勿論その後も、うつが再発しないようにフォローアップしていきます。

 

スポンサーリンク

 

【うつ病の復帰目安がどのくらいか?判断する項目】
復帰目安がどのくらいなのか、その判断材料としてチェック項目があります。例えばリズムある規則正しい生活が出来ているかどうか、毎朝決まった時間に起床できるか、睡眠や食事がしっかり取れているかなどの項目があります。

 

また体力が戻っているか、通勤に不安がないかどうか、人と話をすることが億劫になっていないか、こうしたことについては復帰前にシミュレーションしてみると判断しやすくなります。

 

【どのくらいかをあせるよりも慎重にステップを踏むことが大切】
職場復帰をあせるあまり復帰目安を誤り、また再発ということになっては元も子もありません。そのため、どのくらいか?と焦るよりも、どのステップまで来たか?うつ病の方が自分でその状態を把握できることが大切です。

 

ご家族も無理強いせず、職場復帰の前に練習として通勤できるかどうか電車に乗ってみたり、外出する時間を少しずつ増やしていくなど、無理のないようにサポートしましょう。

 

うつ病は人によって症状も様々で、それほど症状が重くない方もいますが、重度となっている方もいます。職場に復帰できる時期はそのうつ病の方によって違いがありますので、あせらないことが基本です。スポンサーリンク