うつ病 生理前 悪化 原因

生理前になるとうつ病が悪化する原因とは?

スポンサーリンク

多くの方が患っているうつ病は現代病ともされるほどです。女性の中には生理前になるとうつの症状が悪化するといわれますが、その原因はどのような事が考えられるのでしょうか。辛いうつの症状を少しでも改善するために、知識を持っておきましょう。

 

【生理前に起るうつ病の悪化・・その原因とは何か?】
うつ病を患っている人は今国内に増加傾向にあるといわれています。現代社会はストレス社会といわれ、心の安定を保つことが難しい時も多々あります。うつ病はまず早期発見し治療を早く始めるということが大切です。

 

女性は生理前になるとPMS、月経前症候群により感情のコントロールがしにくくなりイライラするなど辛い状態になります。免疫力も低下し体調もすぐれないのでうつ状態になる方もいますが、元々うつという方は、さらに辛い思いをすることになります。

 

【もともと精神状態のコントロールが難しいうつ病】
元々うつで精神状態のコントロールが難しいのに、生理前ということが原因でますます気持ちを安定させることが難しくなります。つまりうつ症状が悪化してしまうのです。

 

生理が終わればPMSは改善されるのですが、元々うつを患っている場合、気分的な回復が見られず悪化したままになってしまう方も少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

【うつ病が生理前に悪化しないように】
うつでその上PMSが原因で症状が悪化するということがわかっているのですから、その時期の前からしっかりとサプリメントや漢方薬、また医師の処方を受けてお薬などを利用するようにします。

 

症状がより悪化する前に、医師や専門家の指示を仰ぐことが重要です。PMSが原因でさらにうつの症状がひどくなると、その後、うつの治療にもかかわってきます。

 

【医療機関に相談することも重要な事】
生理前に原因がある事がわかっているのですから、かかりつけの医療機関にあらかじめPMSであることを告げとくこと、相談しておくことも大切です。

 

うつの治療と共に、PMSについても対応してくれると思いますので、医療機関で相談し最もいい対処方法を考えていきましょう。

 

うつ病と生理前のPMS症状は深い関係性を持っていると考える方がいいと思います。両方とも、脳内物質や精神的な要素、ホルモンの関係などが原因、また関係してくることなので両方を治療するという気持ちを持ち、お医者様に相談される方が安心です。

スポンサーリンク